未成年でも中絶手術は受けられる?方法や費用の目安と注意点 | 東京青山・たて山レディスクリニック|妊娠18週前後までの妊娠中絶手術可能

未成年でも中絶手術は受けられる?方法や費用の目安と注意点|中絶手術

お問い合わせはお電話で

完全予約制TEL.03-3408-5526

【月・金】10:00~13:00 / 16:00~17:00
【火・土・日・祝】10:00~13:00
【水・木】休診日

未成年でも中絶手術は受けられる?方法や費用の目安と注意点

未成年での妊娠の場合、どうすればいいのかという不安や心配、また周囲の人には相談しづらいなどの状況から、お一人で悩んでいらっしゃる方は、まずは、お一人で悩まずにご相談下さい。
今回の妊娠が望んだものでなく、中絶手術をお考えの場合にも、当院ではそのご相談をお受けする事が出来ます。
お電話にてお問い合わせください。手術に必要な手続きを含めた詳しいご案内をする事ができます。

未成年でも中絶手術はできる?

未成年の方が妊娠を確認した場合、中絶手術は可能か、周囲には相談できる人が少なく不安を抱えている方も多いかと思います。
当院では未成年の妊娠中絶においてもご相談をお受けしております。

手術には同意書が必要

未成年でも中絶手術を受ける事は可能です。
中絶手術を受ける際は、同意書が必要です。
同意書とは、妊娠の確認をしたご本人とパートナーの男性が人工妊娠中絶手術に対し、同意をした事を示す書類となります。
同意書に署名・押印をして御持参頂いております。
同意書は、当院のホームページよりダウンロードして印刷するができます。

パートナーの同意は、レイプによって妊娠した場合や、相手がわからないとき、連絡の取れない時などを除きます。
また、未成年の場合には、年齢によって親または保護者の同意(署名や捺印)が必要な場合があります。
手術に必要な書類など詳細は、当院へお電話にてお問い合わせ下さい。

「未成年の中絶手術 手術方法や費用など」

未成年での妊娠は戸惑いを感じ、周囲に相談する事もできず、どうしたらいいかわからないなど不安を感じている事もあるかと思います。
人工妊娠中絶手術には、手術を受けられる期間が決まっています。
妊娠初期である妊娠12週未満の初期中絶と、妊娠12週を越えた中期中絶では中絶手術の手術方法が違います。
術後の体への負担も初期中絶に比べて中期中絶の方が大きくなります。
また、費用についても妊娠の週数によって異なります。

未成年で妊娠をした事を周囲や親や保護者へ内緒にしておきたいなどの理由から、病院を受診する事ができないでいるなどの状況もあるかもしれません。
しかしながら、妊娠と母体の状態を正確に把握しておくことがとても大切ですので、早めに受診して相談していただくことが結果的にご本人の負担を少なくすることに繋がります。
妊娠中絶についてお悩みの事がありましたら、不安な気持ちをお一人で抱えることなく当院までご相談ください。
まずは、未成年であるかどうかに関わらず、現在の妊娠週数と母体の健康状態の確認を行い、御自身の状況に応じた対応方法を知るという事がとても大切なことです。

当院は、完全予約制で他の患者さんに診療内容を知られる事なく、受診して検査を受ける事ができます。
初期中絶から中期中絶まで、当院では痛みが少ない安全性の高い手術を行なっております。
ご予約はお電話にてお受けできます。

たて山レディスクリニックでは母体保護法指定医である院長の中絶手術の多くの症例があります。
手術後の生活についても安心してお過ごしいただけるように丁寧にご説明をしております。

中絶手術を受けた事で、次回の妊娠に影響する事はありません。
また、中絶手術後には今後望まない妊娠をしないようにするために、避妊やピルのご相談にも対応できます。

ご予約・ご相談はお電話で

日帰りでの中絶手術も可能

tel.03-3408-5526

pagetop