中絶後の腹痛について|懸念される原因・症状・対処法 | 東京青山・たて山レディスクリニック|妊娠18週前後までの妊娠中絶手術可能

中絶後の腹痛について|懸念される原因・症状・対処法|中絶手術

お問い合わせはお電話で

完全予約制TEL.03-3408-5526

【月・金】10:00~13:00 / 16:00~17:00
【火・土・日・祝】10:00~13:00
【水・木】休診日

中絶後の腹痛について|懸念される原因・症状・対処法

妊娠中絶手術を受けることをお考えの場合、術後の症状についてご心配されているかもしれません。人工妊娠中絶手術後の症状には出血、発熱、腹痛などがあり、いくつかの注意点があります。その症状、痛みの原因、またその対処法などについて知ることで不安が軽減することがあるかもしれません。

当院では、母体保護法指定医が安全性の高い手術方法で、痛みの少ない妊娠中絶手術を行っております。
また、丁寧な説明と術後の超音波検査の検診で、お身体の回復までを丁寧に診させていただいておりますので、安心して手術を受けていただくことができます。


「関連記事」の「手術後に起こりうるリスク」の中の「腹痛」
「院長ブログ」の「中絶手術後におこる症状と対策」をご参照ください。

中絶後の腹痛の原因

術後の腹痛は、手術直後の出血による生理痛様の痛みと子宮の収縮による痛みが主な原因です。妊娠により大きくなっていた子宮が、術後に少しずつ小さくなっていく影響で、収縮痛が起こります。普段の生理痛よりも強い痛みを感じることもありますが、市販の鎮痛剤を内服する事で収まることが多いです。

子宮の中に血液がたまったり、子宮筋腫や内膜症が合併していると、腹痛が強くなりやすいですが、数日間程度で痛みがおさまっていきます。術後はなるべくお体に負担がかからないように、無理せずに安静にお過ごしください。

術後しばらくたってから、下腹部痛を感じることもあります。
PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)の合併の場合もあります。痛みには個人差がありますが、もともと生理痛の強い人に強い腹痛を発生することが多いです。

ご心配な時は手術を行った病医院に連絡してください。痛み止めの点滴等で改善されます。

中絶後の腹痛がつらい場合に懸念されること

術後に起こる下腹痛は、鎮痛剤の服用で改善されることが多いですが、立ち上がれないほどの強い痛みと38度以上の高熱が3日以上続く場合は、子宮内感染が発生している場合を除外するため手術を行った病医院にご連絡ください。
子宮内感染とは、子宮内で細菌が繁殖し、炎症が生じることです。適切な中絶手術と処置が行われている場合は感染症の可能性はほとんどありません。また抗生剤の投与で改善します。
当院での手術はすべて滅菌済みの清潔な器具を使用し、感染予防のために抗生剤の投与を行い、万全の態勢で処置を行っています。

術後の腹痛にはきわめてまれですが、子宮損傷の場合もあります。当院では子宮にやさしいといわれる吸引法(EVA,MVA)を採用し、超音波ガイド下にて安全な手術を行っています。
また術後1回目の検診には必ず受診していただいています。

当院は丁寧な診察で妊娠の状態を確認し、痛みの少ない手術法を採用し、術後のアフターフォローをしっかりと診させていただいております。全ての手術はリスクがゼロではありませんが、当院では予防法を含め全て適切に対応できる準備を常に整えております。
院長は母体保護法指定医で、多くの経験から様々なケースに対応することができますので、安心して手術を受けていただくことができます。

術後のお体で心配な点がおありの場合には、当院までお電話にてご連絡ください。

中絶後の腹痛を解消するための対策

人工妊娠中絶手術後には、麻酔の影響で少しぼんやりし、出血、発熱、腹痛等の症状がでますが、それらにはそれぞれ症状を和らげるための対策があります。

安静にする

心と体を安静にして手術のストレスを開放することが大切です。体を温めてリラックスすることで、痛みを和らげ楽になることがあります。

術後お食事は、吐き気などがなければ、普段通りのお食事をとっていただいて大丈夫です。術後にかかわらず、ショウガ、ニンジン、大根などの根菜類を食べることやサラダは温野菜にして食べることで、体を温めるとされています。

痛み止めを服用する

処方された鎮痛剤を服用する他、市販の生理痛を抑える痛み止めを内服していただくことで軽減されることが多いです。
鎮痛剤を服用しても我慢できないほどの痛みがあるなど、気になる症状があればお電話にてご連絡のうえ、ご受診ください。

クリニックに相談する

術後に起こる症状について、当院では術後の注意点のご説明を丁寧にしております。また「中絶手術後の体に起こりうる変化と対処法」「院長ブログ」にも記載しておりますのでご参照ください。次回の検診の来院についても、ご予約の上、帰宅していただいております。
帰宅後に、腹痛が強いなどご心配な症状がある場合には、当院までご連絡いただきご受診ください。当院では、お一人おひとりに応じた対処法について丁寧に説明しております。

中絶手術後の痛み止めと効果

中絶手術後の痛みのほとんどは生理痛と子宮の収縮痛ですので痛み止めの服用で回復されます。また時間と共に改善されていきます。

たて山レディスクリニックでは、手術と麻酔の時間が短く、お体に負担の少ない吸引法での手術で、痛みの少ない安全な人工妊娠中絶手術を行っております。

妊娠中絶手術を受けたことによる後遺症で、不妊になるということはありません。今後、「望まない妊娠をしない」ようにするため、ピルのほかIUD(ミレーナ)などの避妊効果のある方法の相談にも対応可能です。

術後には必ず検診を受けて頂き、術後の状態も丁寧に診させて頂きますので、ご心配に思う症状がありましたら、受診時にご相談ください。
中絶手術を受けた後、お身体が回復するまでの期間安心してお過ごしいただけるように当院ではお一人お一人にあわせたフォローをさせていただいております。

ご予約・ご相談はお電話で

日帰りでの中絶手術も可能

tel.03-3408-5526

pagetop