妊娠週数の計算方法と人工妊娠中絶手術を受けられる期間 | 東京青山・たて山レディスクリニック|妊娠18週前後までの妊娠中絶手術可能

妊娠週数の計算方法と人工妊娠中絶手術を受けられる期間|中絶手術

お問い合わせはお電話で

完全予約制TEL.03-3408-5526

【月・金】10:00~13:00 / 16:00~17:00
【火・土・日・祝】10:00~13:00
【水・木】休診日

妊娠週数の計算方法と人工妊娠中絶手術を受けられる期間

妊娠週数の計算方法と人工妊娠中絶手術が認められる期間

人工妊娠中絶手術を受けられる期間やそれにかかる費用について、不安になっていることはありませんか?
特に人工妊娠中絶手術を受けられる期間はよくわからないことが多いと思います。
妊娠の期間の計算方法や手術がいつまで受けられるのか、具体的な期間について、丁寧に解説していきます。
また、その費用と手術の方法についても、別項でわかりやすく丁寧に解説していきます。
人工妊娠中絶手術は妊娠週数によって手術を受けられる期間が定められています。

人工妊娠中絶が可能な期間

妊娠22週未満(21週6日まで)は中絶手術を受けることができます。
これは母体保護法という法律によって定められています。
妊娠22週目以降の中絶手術は日本では認められていません。
妊娠週数よって手術の方法は異なります。
また、人工妊娠中絶手術ができるのは母体保護法指定医のみです。
当院では母体保護法指定医である院長が痛みの少ない安全性の高い人工妊娠中絶手術を行っています。

妊娠週数の計算方法

月数と週数の数え方がありますが、週数で数えることが多いです。
妊娠の週数は、最終月経からと超音波による胎児の大きさからの両方あるいは一方によって決められます。
最終月経からは最終生理開始日を妊娠0日目として、当日までの日数が妊娠日数となります。
妊娠週数と妊娠日数の関係は、たとえば、

  • 妊娠6週:妊娠日数42~49日
  • 妊娠12週:妊娠日数84~90日
  • 妊娠21週:妊娠日数147~153日

となります。

次に、超音波による胎児の大きさなどから妊娠週数を推定します。
この両者によって胎児の妊娠週数を決めます。

人工妊娠中絶手術を受けられない場合

母体保護法によって、妊娠22週目を超えてしまった場合には、法律上、人工妊娠中絶手術を受けることはできません。
ご自身の妊娠週数が不明な場合には、一度受診していただき、妊娠何週であるのかの確認を含め、検査をおすすめします。
また、ご自身にご病気があったり、子宮筋腫や卵巣嚢腫の合併症があるときも、手術をお受けできない場合がありますので、この場合も一度ご相談していただきたいと思います。

日帰りでの中絶手術も可能

tel.03-3408-5526

pagetop