ピルの副作用とは?必要以上に心配せず、正しい知識で適切な服用を | 東京青山・たて山レディスクリニック|妊娠18週前後までの妊娠中絶手術可能

ピルの副作用とは?必要以上に心配せず、正しい知識で適切な服用を|診療案内

お問い合わせはお電話で

完全予約制TEL.03-3408-5526

【月・金】10:00~13:00 / 16:00~17:00
【火・土・日・祝】10:00~13:00
【水・木】休診日

ピルの副作用とは?必要以上に心配せず、正しい知識で適切な服用を

ピルと聞くと、避妊薬というイメージを持つ方も多くいらっしゃると思います。産婦人科で使われているホルモン剤には2つの種類があります。1つは避妊を目的としたホルモン剤(ピルOC)で、もう1つは月経困難症・子宮内膜症や更年期症状などの治療を目的とした低用量ホルモン剤(LEP)です。この両者を総称してOC・LEPと呼んでいます。成分が同じですので、今回の「ピルの副作用」とは、「OC・LEPのホルモン剤の副作用」のことを意味します。

OCを服用することで望まない妊娠や中絶手術を避けることができます。
OC・LEPの服用にはメリットが多いのですが、デメリットの副作用を十分に理解しておくことはとても重要なことです。必要以上に心配せず、正しい知識で適切な服用をすることは大切なことです。

ピルの基礎知識

女性ホルモン剤(OC・LEP)は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)の2種類の女性ホルモンを主成分としたホルモン剤です。

ピルとは?

経口避妊薬のOCはOral Contraceptiveの略称で、女性ホルモン剤の治療薬LEPはLow dose Estrogen Progestinの略称です。

ピルで避妊効果を得たい場合はOCを服用します。すると、2種類の女性ホルモンが持続的に血中に存在するため排卵が抑制されます。またプロゲスチンの作用で子宮内膜の増殖を抑制して受精卵が着床しにくい状態になります。これらの作用によって避妊効果につながります。服用を中止すると、卵巣から女性ホルモンが通常通りに排出され排卵・着床が生じて妊娠の可能性が生じます。避妊のためには飲みみ忘れないように注意が必要です。

OCは排卵・月経を調節しますので、避妊効果以外に、月経痛改善、卵巣がん・子宮体癌・卵巣がんリスク低下などの副効用があります。 治療薬としてのLEPも同様です。月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)に効果があります。また子宮内膜症性疼痛を軽減し、子宮内膜症の病巣縮小に効果があります。

経口避妊薬のピルを服用するメリット

避妊効果は、用法・用量を守ることで高い確率で避妊できると言われています。
コンドームは性感染のリスクを予防することは出来ますが、破損や装着時のズレなどにより避妊の可能性が低下する場合があります。
ピルは内服することで女性が主体的に避妊できます。男性に避妊をお願いするのではなく、女性自身の行動で避妊ができます。
望まない妊娠の不安をやわらげ、中絶をすることを避けることができます。

ピルの服用方法

生理開始から、1~5日の間に服用を開始し、1日1粒服用を毎日続けます。食前・食後などのルールはありません。毎日飲み忘れないように確実に服用することが大切です。もし飲み忘れてしまった場合の対処方法がご心配な時には当院までご連絡ください。

ピルの副作用と原因

ピルの服用には副作用もあります。安心して正しい使い方をするためには、副作用について正しく理解することが必要です。

「ピルの副作用」すなわち「女性ホルモン剤OC・LEPの副作用」

ピル(ホルモン剤)の副作用には、マイナートラブルと呼ばれる不正出血、吐き気、乳房の張り、むくみ、体重増加、気分変調、頭痛、などがありますが、3ヶ月以内に収まる場合が多いです。注意すべき副作用には、静脈血栓塞栓症(VTE)があります。脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、乳がん、悪性黒色腫、浸潤性子宮頚がんなどの副作用も指摘されています。

静脈血栓塞栓症(VTE)とは、血液が静脈血管の中で凝固して血栓を生じ、他の臓器に塞栓症を生じる病態です。
静脈血栓塞栓症(VTE)になると、さまざまな症状が起こる可能性があります。前駆症状として体重増加、血圧の上昇、ふくらはぎの痛みやむくみ、意識の障害、腹痛・胸痛・頭痛、息苦しさ、視野の縮小、舌のもつれなどの症状には気をつけてください。
これらの症状が疑われる場合は直ちに服用をやめて医療機関を受診して医師に相談することが大切です。また異常や問題がないか検査するために定期的に血液検査などのチェックをすることが欠かせません。

ピルの副作用が起こる原因

ピルの副作用は女性ホルモンによる影響です。
女性ホルモンは血液凝固作用を持っています。特にエストロゲンは血液凝固の作用が強く、ピルの服用3ヵ月以内にエストロゲンの作用によるVTEの発生が起こりやすくなります。

ピルの副作用について知っておきたいこと

ピルには女性にとって多くのメリットがある一方で、デメリットの副作用があります。安全にピルを服用するために、服用中の症状について注意し、心配な症状がある場合には医師に相談することが大切です。
血栓症の既往歴がある方、大きな筋腫のある方、喫煙者、偏頭痛のある方、40歳を超えた方、BMIの高い方、高血圧の方等は普通のピルは服用できません。詳しくは医師にご相談ください。

マイナートラブルは服用後に収まることが多いです。

体がピルに慣れるまで、少し時間がかかります。
ピルの副作用の症状はシートを3周(1シート1ヶ月分)する期間内に多く見られますので、服用開始3カ月以内は副作用について特に注意が必要です。

ピル服用中の不正出血にはいろいろな要因がありますが、ご自身の卵巣からのホルモンの影響もあります。ピルを飲みなおすと改善することが多いです。筋腫やその他の原因もありますのでご心配の方は処方している病医院にお尋ねください。

ピルを長期に服用しても中止後の妊孕性には影響しません。

ピルの服用を終えると、通常どおり排卵が始まります。ピルの服用終了後、最初の排卵から妊娠は可能です。ピルが原因で不妊症になることはありません。

「ピルの有益性と副作用を知り上手に活用するために」

ピル服用での、メリットとデメリットを正しく知ることで、必要以上に心配せずに安心して安全な服用をすることができます。これらのことを知り、上手に活用することで、望まない妊娠をしなくてすむようになります。または生理痛(月経困難症)の軽減、月経不順、過多月経、貧血、の改善などの選択肢の一つになります。
ピルにはいろいろな種類がありますので、服用に関しては受診していただき当院医師までご相談ください。

(院長ブログの「ピルとその副作用について」を参照)
(日本産科婦人科学会 編集・監修の「OC・LEPガイドライン」2015年を一部参照させて頂きました。)

ご予約・ご相談はお電話で

日帰りでの中絶手術も可能

tel.03-3408-5526

pagetop